~鯉太郎便り~

“錦鯉のふる里” 長岡山古志より最新の有益情報をお届けいたします

惚れた鯉との運命的な再会

何年か前、ヤフオクにすごい模様の紅輝黒竜がでてきました。紅というか緋色がピンクがかっていて、縁取りのようにプラチナ地が緋模様の周囲を覆っていました。

わたしはこの鯉に首ったけになってしまい、夢にまで現れたぐらいなのですが、いざ絶対落とすぞと決めていた終了日当日、10万まで競りましたが落札できなかったのです。
私は生産者さんにまで電話して、どこの人が買ったのか聞いたりして、いつか品評会で見たいと願いましたが、その後いつになってもこの鯉を見る機会は訪れませんでした。

f:id:KOISHOWJP:20210615192222j:plain



ところが昨秋の新潟の品評会で、なんとこの鯉が生産者さんのプールから出てきたのです。私の頭には、????の文字しか浮かばず、なぜここに出てくるのか疑問がずっと続きました(お客さんに送ったと言っていたからです)。
しかも、またそれがすごいことに、夢に描いた姿のまままったく色あせることなくキャンバスの中で泳いでいたのです。

疑問が解けぬまま、年が明けて私はたまたまこの生産者さんの3歳を見せてもらいにお邪魔したことがありました。わたしはふと、そういえばあのピンク輝黒竜がプールにいましたね、いったいなんでですか?と聞いてみました。

すると、普段は見せないけどさと言って、親鯉の生け簀を見せてもらったんですが、なんと独立した水槽にこの鯉が泳いでたのです。

「いやあ、あの時売ったはいいけど後悔してね、去年その落札者(有名な品評会常連の方でした)に連絡したら、新潟のハウスにいるっていうから、買い戻したんだよ」ですって。それでいったん他所に入ったからと、他の親鯉の生け簀とは別の水槽にテストフィッシュと2尾だけで優雅に泳いでいたんです。

わたしはもう感無量で、そんなストーリーがあったのかと、あのとき買えなかったけど、逆に○○さん(落札者さん)の新潟のハウスにいたからこそ、こうやって戻ることができたんだなと、なんだかうれしいような不思議な心持ちになりました。

生産者さんとしても、親としていい仔を出してくれることを願っているので、もう表舞台に出てくることはないと思いますが、いつかもしこんなきれいな紅をした輝黒竜を眼にしたら、もしかしたらあいつが言ってた例の仔かなと思ってください。
逃した鯉を延々追い続けるのも変な話ですが(笑)。

にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村

 

柿川の真鯉

長岡市内を流れる小川には鯉が泳いでいます。
江戸時代、長岡城の外堀の役割を果たした柿川(当時は赤川)は、城内に物資を輸送する水路として利用され、材木や米、油などを載せた舟が往来し、流域の経済を支えてきました。

youtu.be

 

f:id:KOISHOWJP:20210503063701j:plain

画像:長岡城 - Wikipedia

※城郭の右上の町屋の一角が現在の殿町周辺、その右の川(柿川)で撮ったのが上の動画です。

柿川は、最近まで度重なる水害に悩まされてきましたが、浸水被害対策や環境保護整備などが行われ、現在では美しい景観をみせるようになりました。
水が澄んだ日には、動画のように鯉の群れを眺めることもでき、錦鯉の故郷らしい町の風景となっています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村

藤次郎さんの山吹黄金

山古志の山中(やまなか)にある山吹黄金の名店 藤次郎さんにお邪魔しました。

山吹の源流は富山の宮島養魚場の血筋のようですが、和泉屋さんに親鯉を分けたり、逆に中越地震でだいぶ死なせてしまったりした際に分けてもらったりしていますので、同血統といえるかもしれません。

youtu.be

f:id:KOISHOWJP:20210501081545j:plain



私が藤次郎作出の山吹黄金に惹きつけられたのは、古い業者さんの中で「山吹は藤次郎さんのものがいちばん良い」という声を多く聞いたからです。また2019年の愛鱗会国際展の特別賞でもいくつか受賞していたのも知っていましたし、ある業者さんの鯉をヤフオクで出させてもらった時も、山吹ばかりの生け簀に品評会で勝てそうな鯉が何尾もいました。

さほどメジャーでない生産者さんの中に、こういった職人気質で伝統を重んじる匠の技があるのが山古志のすごいところかなと思ったりもします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村

「初代秋翠」の博物画

月刊錦鯉の特集に、1914年に新潟から大正博覧会に出品された錦鯉の中に含まれていた秋翠の「博物画」が紹介されています。

f:id:KOISHOWJP:20210430174904j:plain画像:月刊錦鯉(錦彩出版)より

秋山吉五郎氏が、前年の1913年に舶来のドイツ鯉と浅黄を掛け合わせて作出したばかりの当時の新品種で、つまりは初代の秋翠ということになるのでしょう。

この時期に大正博が行われ、錦鯉が紹介されるきっかけになったというのもすごいですが、この時の報告書として作成された「絵形帖」や「博物画」は当時の錦鯉の姿をいまに伝える貴重な一次資料だといえます。


f:id:KOISHOWJP:20210430175324j:plain
皇室御買上げとなり三の丸尚蔵館所蔵となった「鯉」


ちなみに、1921年の第3回帝展で、福田平八郎の鯉画が入賞し皇室お買い上げとなったのが、大正博の7年後のことですので、この時期鯉という存在が大きくクローズアップされていたのかもしれませんね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村

第57回全日鱗国際展の特別賞は「べっ甲」

昨年中止になった愛鱗会の国際品評会ですが、去年予定されていたべっ甲が今年もそのまま特別賞となっています。

www.zna.jp

f:id:KOISHOWJP:20210430072351j:plain

画像:全日本愛鱗会

なお、第56回は中止となり、繰り越さずに今年は第57回となっているようです。
昨年同様、長岡品評会→新潟県農業祭→全日鱗国際という主要大会連続出品もかなうとうれしいです。また全日本が新潟開催となれば、若鯉サイズオーバーの大型魚はすべて新潟で出せるということになるかもしれません。

にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村

第52回全日本総合錦鯉品評会は“新潟大会”に!?

※本情報は2021年4月29日時点のものです。最新の情報をご確認ください。

例年東京の流通センターで開催されている全日本総合錦鯉品評会が、次回は日程・場所とも変更になり、今年12月に新潟市の産業振興センターで行われるという情報が入っています。

f:id:KOISHOWJP:20210429114336p:plain

参照:新潟市産業振興センター


これが本決まりになれば、今度の東京大会は新潟大会となり、新潟地方の生産者さんからの全日本出品もかなり増えるのではないかと思いますし、非常に楽しみです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村

国際幼魚 種別優秀賞獲得

2年ぶりに開催された国際錦鯉幼魚品評会で、所有鯉が種別優秀賞を獲得してくれました。若鯉大会で次席だったのでサイズが合う今回は期待していたのですが、出品者を大変な状況にある外国の友人名義にしたので、ベストインエントリーも飾ることができました。

youtu.be

f:id:KOISHOWJP:20210428055345j:plain


一昨年の12月だったか成田さんのライブ鯉で購入したものですが、これが勝つと思って結構競りました。去年(2020年)の東京大会ではみやたけさん取扱の兄弟鯉に勝って優勝、1枚鱗が飛んでいたので「もしあれがなかったら上あがったかもな」と内心思っていたので、今回は心底うれしいです。

それにしても、1年ぶりに見ましたが本当にきれいに仕上がっていたので、成田さんと山本さんの凄さをまざまざと見せつけられました。
これで、2019年から雅賞+雅賞+種別と、所有鯉が3期連続で上位入賞を果たしてくれたので良かったです。
来季は大きいサイズで賞を狙っていきたいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村